【おすすめ】一宮市内の市営ジムを徹底紹介!

一宮市内の市営ジム(スポーツセンター)の
場所や営業時間、登録方法や設備の充実度など
総まとめ。きっとあなたも通いたくなる!

リス子
リス子

一宮市の市営ジムってどんな感じなの?

ハリ坊
ハリ坊

びっくりするぐらい安いよ!

この記事はこんな人におすすめ!
  • 一宮市近郊にお住まいの方
  • 気軽に運動したい方
  • できるだけ安くダイエット・筋トレしたい方
  • 月額制のジムで長続きしなかった方
ぜひ見てね
スポンサーリンク

一宮市内の市営ジム・スポーツセンターはどこにある?

  • 一宮市内に市営ジムは5箇所あります。
  • 木曽川など北側エリアに集中しています。

一宮市内市営ジム・スポーツセンター 一覧表(2022.5.25更新)

<施設名>1回料金営業時間定休日設備駐車数
一宮市総合体育館
(いちい信金アリーナ)
500円9時~21時水曜
(1,3)
500
無料
一宮市木曽川体育館昼100円
夜210円
9時~21時月曜241
無料
エコハウス138400円10時〜21時水曜
(1,3)
141
無料
一宮市スポーツ文化センター350円9時半〜21時月曜
(1,3)
93
有料
尾西スポーツセンター160円9時~21時月曜96
無料

※緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の影響で営業時間に変更がある場合があります。
 最新情報は各HPにてご確認ください。
※施設名のリンクは各施設の公式HPへ移動します。

一宮市の場合、利用料金や営業時間、定休日などは施設によって大きく異なります。

外観

一宮市総合体育館(いちい信金アリーナ)

木曽川体育館

木曽川体育館の外観

エコハウス138

エコハウス138ジムの外観

一宮市スポーツ文化センター

尾西スポーツセンター

尾西スポーツセンターの外観

1回あたりの価格比較、利用料金は?

最安値は木曽川体育館で、昼料金(〜17時まで)はなんと100円です!
中学生以下ならさらに安い50 円です。駐車場も無料のため、かなり破格の価格設定です。


★最高値は一宮総合体育館で500円ですが、年間会員権(12,000円)があり、一ヶ月通い放題で1000円とこちらもかなりのハイコスパです。
年間24回(月2回以上)利用する場合は年間会員権がおすすめです。

★また、エコハウス138 も回数券があり、それを買うと1回300円となります。

スポーツクラブの相場は月額8000円ですので、一宮市のスポーツジムはかなりお値打ちに利用することができます。1回利用だと自分のペースで無駄なく通うことができるのが最大の魅力です

木曽川体育館価格表
木曽川体育館の価格表

設備が最も充実しているのは?

一宮総合体育館(いちい信金アリーナ)が最も充実しています。スミスマシンもあります。
また、体育館の2Fにランニングコースがあり、トレッドマシン以外でも有酸素運動ができます。
設備も新しく清潔感があり、おすすめです。

一宮市総合体育館(いちい信金アリーナ)

出典:公式HPより抜粋
出典:公式HPより抜粋

【 筋力トレーニングマシン(効果部位)】
■チェストプレス(胸)
■ラットプル(背中)
■シーデットロー(背中)
■ショルダープレス(肩)
■レッグプレス(脚)
■レッグカール(脚)
■レッグエクステンション(脚)
■アダクション・アブダクション(臀・脚)
■ロータルートルソー&ツイスト(腹筋)
■腹筋台(腹筋)
■背筋台(背)

【フリーウエイト】
■スミスマシン
※スミスマシン用プレート
20 ㎏×2 枚 15 ㎏×4 枚 10 ㎏×2 枚
5 ㎏×4 枚 2.5 ㎏×4 枚 1.25 ㎏×4 枚
■重量固定ダンベル
※1 ㎏・2 ㎏・3 ㎏・4 ㎏・5 ㎏・6 ㎏・7 ㎏
8 ㎏・9 ㎏・10 ㎏・12 ㎏・14 ㎏・16 ㎏
18 ㎏・20 ㎏(各 2 個)

【有酸素トレーニングマシン】
■トレッドミル 10 台
■エリプィカル 2 台
■ステッパー2 台
■クランクサイクル 2 台
■アップライトバイク 5 台
■リカンベントバイク 3 台
■スピニングバイク 2 台

一宮市木曽川体育館

出典:公式HPより抜粋

【筋力トレーニングマシン(効果部位)】
■チェストプレス(胸)
■ラットプルダウン(背中)
■ペクトラルフライ(胸)
■ショルダープレス(肩)
■レッグプレス(脚)
■レッグエクステンション
■レッグカール(脚)
■ロータリートルソー(腹筋)
■腹筋台(腹筋)

【フリーウエイト】
■ベンチブレス台
※ベンチブレス用プレート枚数(内径 50 ㎜)
20 ㎏×2 枚 15 ㎏×2 枚 10 ㎏×2 枚 5 ㎏×2 枚 2.5kg×4 枚 1.25kg×4 枚
■スクワットラック
■重量可変式ダンベル
※クワットラック・ダンベル共用プレート枚数(内径 28 ㎜)
20 ㎏×4 枚 15 ㎏×2 枚 10 ㎏×4 枚 5 ㎏×8 枚 2.5kg×16 枚 1.25kg×16 枚
■重量固定ダンベル 2 ㎏・3 ㎏・12kg・14 ㎏(各 2 個)

【有酸素トレーニングマシン】
■トレッドミル 4 台
■S ドライブ(自走式トレッドミル)1 台
■クロストレーナー1 台
■ステッパー1 台
■アップライトバイク 2 台
■ハイブリットバイク 2 台

エコハウス138

出典:公式HPより抜粋

【筋肉トレーニングマシーン(効果部位)】
■チェストプレス(胸)
■ラットプルダウン(背中)
■アブドミナルクランチ(お腹)
■レッグプレス(脚)
■レッグエクステンション(脚)
■レッグカール(脚)

【フリーウエイト】
■重量可変式ダンベル
■重量固定ダンベル

【有酸素トレーニングマシン】
■トレッドミル4台
■エアロバイク8台
■ステップマシン1台
■クロスカントリーマシン1台

一宮市スポーツ文化センター

出典:公式HPより抜粋

筋肉トレーニングマシーン(効果部位)】
■チェストプレス(胸)
■ラットプルダウン(背中)
■ショルダープレス(肩)
■レッグプレス(脚)
■レッグエクステンション(脚)
■レッグカール(脚)

【フリーウエイト】
■スミスマシン1台(最大150kg)
■ベンチプレス2台
■チンニングディップス1台
■バックエクステンション1台
■腹筋台2台
■重量可変式ダンベル
■重量固定ダンベル

【有酸素トレーニングマシン】
■トレッドミル5台
■エアロバイク4台

尾西スポーツセンター

出典:公式HPより抜粋

【 筋力トレーニングマシン(効果部位)】
■チェストプレス(胸)
■ラットプル(背中)
■ショルダープレス(肩)
■レッグプレス(脚)
■レッグカール(脚)
■レッグエクステンション(脚)
■ゲーブルクランチ(腹筋)
■腹筋台(腹筋)
■背筋第(背筋)

【フリーウエイト】
■ベンチブレス台
■スクワットラック
■インクラインベンチ 2 台
■重量可変式ダンベル
※フリーウエイト共用プレート
20 ㎏×4 枚 10 ㎏×8 枚 5 ㎏×8 枚 2.5kg×6 枚 1.25kg×6 枚
■重量固定ダンベル
1 ㎏・2 ㎏・3kg・4 ㎏・5 ㎏・6 ㎏・7 ㎏・8 ㎏・9 ㎏・10kg (各 2 個)

【有酸素トレーニングマシン】
■トレッドミル 5 台
■S フォース(自走式クロストレーナー)1 台
■クロストレーナー1 台
■ステッパー1 台
■ハイブリットバイク 2 台
■アップライトバイク 2 台
■リカンベントバイク 1 台
■インドアサイクル 1 台

比較した結果、設備の充実度は
一宮総合体育館>木曽川体育館>尾西スポーツセンター>>エコハウス>スポーツ文化センター

営業時間の比較、最も早くから遅くまで営業しているのは?

一律21時までの営業です。開始時間が最も早いのは一宮市総合体育館(いちい信金アリーナ)、尾西体育館、木曽川体育館で9時からです。朝活にも適していますね。

駐車場は?料金は無料?

「スポーツ文化センター」のみ有料で、それ以外は無料です。
「一宮市総合体育館(いちい信金アリーナ)」が最大で500台駐車可能です。
ただし、体育館でバレーボールやバスケットの大会があると、駐車場は埋まってしまう傾向があります。

一宮総合体育館の駐車場

初回登録方法は?

エコハウス尾西スポーツセンターは会員登録が必要です。
ただし、特に予約や事前準備は必要ありません。登録は無料です。
身分証明書(免許証や保険証)を持参のうえ、直接行ってください。
受付で初回申込みフォーマットを受け取り、住所や生年月日、氏名等を記載して提出してください。
(一宮市営ジムは、一宮市民でなくても登録できます。
その場で受付登録をしてもらえ、数分で「利用登録カード」を発行してもらえます。
簡単な説明をうけたら、登録完了です。
※エコハウスは利用登録カードには5桁の個人番号が記載されます。
この番号を覚えておけば必ずしもカードを持参する必要はありません。
尾西スポーツセンターは毎回カードの持参が必要です。

それ以外のジムでは1回利用の場合、登録は一切不要ですので手軽に利用できます。

エコハウスの受付と券売機

新型コロナウイルス対策は?

着替え室では、利用できるロッカーの数を減らして利用客同士の距離が離れるようにしてあります。
トレーニング室においては、窓を開けての換気やサーキュレーターで空気の循環ができるよう工夫されています。また、トレーニングしたあとのマシンの消毒は利用後すみやかに各自で行います。
トレーニング室内の複数箇所に設置されている消毒液を使用して、備え付けのタオルやペーパーで拭き取りをします。安心して利用できるよう工夫がなされています。

名古屋市営ジムとの比較

名古屋の市営ジムのほうが全体的にトレーニング設備が整っています。
一宮の市営ジムは駐車場が無料のところが多く、値段としてはお値打ちな印象です。
トレーニングをしている人は名古屋のほうがガチ勢が多いです。
名古屋市営ジムの詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

まとめ

料金比較の結果、市内のジムでも金額に差があることが分かりました。
最も安いところで、大人1回100円、高いところでも1回あたり500円。どこもお値打ちです。
駅から離れているところばかりなので、車でのアクセスになるでしょう。
駐車場が無料なところが多いのは嬉しいですね。
トレーニング器具もそれなりに揃っていて初中級レベルであれば充実しているといえるでしょう。
自分のタイミングで無駄なくダイエットや筋トレに励むことができます。

設備の新しさ清潔さでいうと、一宮総合体育館がダントツですので、女性にはこちらがおすすめです。

スポーツジム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
名古屋ヘルシーナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました